2013年04月20日

電波ジャック21


この曲好きです
環境変わってアパート暮らしなので押入れで録ってます

電波ジャック21 作詞/279 作曲/たぬき

1Fから6Fまで 全部僕のもの そうだお手の物
花や草木 踏まないようにKEEP OUTする そうだ落とし前

最後の日には お別れするの寂しいから
僕は 僕は
僕は 僕は

一括して返済する 仕組みしたいだけ どうだ悪くない
ストッキング脱ぎ捨て そしてSING A SONGする これは誰の歌?

電波のなみに 落っこちそうならしがみつき
僕は 僕は
僕は 僕は

最大限の お別れするの悲しいから
だから だから
だから だから

1Fから6Fまで 全部僕のもの そうだお手の物
ストッキング片手に 邪魔を切り刻んでやる そうだ落とし前

一括して返済する 仕組みしたいだけ どうだ悪くない
スカートまで脱ぎ捨て そしてSING A SONGする これは君の歌?
posted by ミナモト at 14:35| Comment(2) | 歌った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

うどんよりそばが好きだ


[データベース]

歌いました
3年ほど前にも歌ったので再録ということになります
こういう詩先と曲先の組み合わせって面白いですよね

うどんよりそばが好きだ
作詞/規制用4スレ437 作曲/721スレ271 作メロ/721スレ294


趣味の一つも合わない目線の通わない君と
今では目蓋の裏側でさえ笑ってる君と
凍えた心を溶かす言葉何処かになくしたけど
嘘で誤魔化した笑い声が掻き消す涙

その声が、小さくなり僕は聞こうとすることを止めて
綺麗に見えてた透明の景色、ぼやけた君の姿

僕を包む暖かさも、いつかこの雪が消していく
「君は大人にならないで」変わってしまう僕

その声が、小さくなり僕は聞こうとすることを止めて
綺麗な綺麗な透明の花は、実を付けずに枯れました

僕を包む暖かさも、いつかこの雪が消していく
誰かの優しさが胸に刺さる (目蓋の裏側では君が)
僕を包む君の手が、何よりも切なくさせるんだ
「君を好きだと言えなかった僕が、何よりも大嫌いでした」

「もうどんなことがあっても離れない
ずっとそばにいる」

------------
※「目蓋の裏側では君が」は文字数の関係で省略されたようです
posted by ミナモト at 23:06| Comment(2) | 歌った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする