2013年09月02日

物語

オケ
夏って一番哀愁が漂う季節だと思うんですよね

*物語 作詞/提訴 作曲/ミナモト

冷たいサイダー飲み干して ガラス玉のような心
風は頬を優しく叩くようで 少し強いね
流れて消えた雲を 追いかける視線はどこか
悲しそうで 苦しそうで 何を探しているの

はらはら舞い落ちる木の葉が行きつく先に
何が待っているの ねえ

夏の思い出が連れ去ってしまう前に
もの寂しい秋が来てしまう前に
こんな所じゃまだ終われないように
僕らの物語が終わりませんように
posted by ミナモト at 17:38| Comment(1) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
好きです!
哀愁を感じました。
Posted by knb at 2013年09月07日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: